2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'04.19 (Sat)

なかなか 似合うかも?!

ソ・ジソプ

『ゲゲゲの鬼太郎』の出演する ソ・ジソプssiの妖怪姿が公開されてますね。
なかなか似合いませんか?!妖艶で良い感じです


 水木しげる原作の妖怪漫画が実写映画化された『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』に出演しているソ・ジソプの姿が明らかになった。

同作は、昨年ヒットした『ゲゲゲの鬼太郎』の続編で、前作と同じくウエンツ瑛士が主役の鬼太郎を演じている。前回に引き続き登場するキャスト、キャラクターに加え、新妖怪キャラクターが登場するが、その一員としてソ・ジソブが出演している。そのキャラクターの写真がこのたび公開された。

『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』は謎の連続失踪事件を調査する鬼太郎が、妖怪と人間とのはざまで苦悩しながら、日本滅亡の危機を阻止するために戦うストーリー。鬼太郎の恋も描かれるという。7月12日に全国公開される。



俳優ソ・ジソブが、妖怪姿を公開した。17日、日本のあるマスコミは、映画『ゲゲゲの鬼太郎千年呪い歌』の公開を控え、映画のポスターとスチールを公開した。スチールが公開されるやいなや、ファンたちの間で、ソ・ジソブの“妖怪メイク”に関心が集まった。

『ゲゲゲの鬼太郎千年呪い歌』は、昨年の春公開された同名映画の続編で、このシリーズは、水木しげるの同名マンガを原作としている。

ソ・ジソブの背筋が寒くなるような妖怪姿を見たファンたちは、「イケメン俳優のソ・ジソブがこのような姿になるとは思ってもみなかった。しかしソ・ジソブのまなざしが、妖怪の雰囲気に合っている」と言った。

映画の中でソ・ジソブは、主人公“鬼太郎”(ウエンツ瑛士)の敵である“夜叉(やしゃ)”役を演じる。『ゲゲゲの鬼太郎千年呪い歌』は、来たる7月12日、日本全国で公開される。


この映画は前回の続編なんですね。
前回は結構評判も良かったみたいだよね。私はまだ観てないので近々観ようと思います。偶然にも今日、レンタルに行った時に子供が観たいというので借りてきました
ジソプssiの出てる映画を観に行くなら前作は要チェックだね

ゲゲゲの鬼太郎 スタンダード・エディションゲゲゲの鬼太郎 スタンダード・エディション
(2007/10/26)
ウエンツ瑛士.井上真央

商品詳細を見る


スポンサーサイト
23:37  |  韓ドラ俳優情報・ひとり言  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cuteprincesscute.blog76.fc2.com/tb.php/785-913228b3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。