2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007'10.28 (Sun)

『太王四神記』

太王四神記

日本でも大注目されてるドラマ『太王四神記』もうすぐ日本でも放送されますね。
さすが・・・ぺ・ヨンジュンssiの主演だけあって日本での放送も早い!
しかーーし!!!またもや地上波放送は・・・

12月3日~ 毎週月曜日 PM10:00~ 衛星ハイビジョン(字幕)

’08 4月~ BS2にて吹き替えで放送 


話題作は観たくなるんだけど・・・。まぁ気長に待ちます。

さて・・・
気になると言うか、「へぇ~」と思った記事がありましたね。

MBCの大型ファンタジー時代劇『太王四神記』が、高句麗(コグリョ、B.C.37~A.D.668)時代の王権をめぐる争いを描いているが、Rain(ピ)やソン・イルグクなどトップスターが同ドラマへの出演を断っていたことが分かった。

ペ・ヨンジュンがタムドク(広開土大王)役にキャスティングされた後、相手役としてRain、ソン・イルグクなどにオファーがあったとのこと。企画の段階では、タムドクのライバルは、百済(ペクジェ、B.C.18~A.D.660)の阿シン王で、高句麗と百済の王が真の帝王をめぐり競合する、というあらすじだった。

しかし、Rainとソン・イルグクのキャスティングが実現せず、撮影が遅れるなどの事情のため、タムドクとヨノゲが高句麗の王位を争う構図に縮小された。そして、高句麗の王位をめぐる対決を描くことが決まり、その恩恵を受けたユン・テヨンが急浮上。ユン・テヨンがライバル役に決まった後、関係者らは「アンバランスなのでは」と懸念したりもした。しかし、ユン・テヨンは強いカリスマで“軟らかい帝王”ペ・ヨンジュンとは異なる魅力をアピールし、ドラマの人気を支えている。


Rainくんがね~。これって・・・要は準主役みたいな役?よくドラマの内容は知らないんだけど・・・ もし、ヨン様の役で話が来たら???変わってたかな?なんて思いますが。だってRainくんもソン・イルグクssiも主役出来るでしょう。
観てみたい気もするけどね。Rainくんのこういうドラマ

 『太王四神記』 公式HP(韓国)
http://www.imbc.com/broad/tv/drama/legend/index.html

 『太王四神記』 公式HP(日本)
http://www.nifty.com/taiousijinki/

スポンサーサイト
08:24  |  太王四神記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cuteprincesscute.blog76.fc2.com/tb.php/597-b699dba2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。