2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007'10.02 (Tue)

『このろくでなしの愛』 第5話~第6話

20070705223443.jpg

ボックとタジョンのデートシーン。なかなか良いです 前の彼女(最初に出てきた彼女かな?橋から飛び降りた女の子じゃない方)とのデートをボックが思い出したりするんだけど、その時のボックが良いんです 本当に好きだったんじゃないかと思います。

ウンソクもボックに大接近。キスされてから何となく目が行くし。でもボックは・・・

 『このろくでなしの愛』 第5話~第6話はこちら 

【More・・・】

『このろくでなしの愛』 第5話~第6話 簡単なあらすじ

 キャスト 
ボック・・・・・・・・・チョン・ジフン
ウンソク・・・・・・・・シン・ミナ
ジュンソン・・・・・・イ・ギウ
タジョン・・・・・・・・キム・サラン


撮影が中止になった原因のワカメとアワビを買い占めるジュンソン。ウンソクに惹かれて行ってるようです。
ウンソクとお酒を飲みますがウンソクは酔いつぶれてしまいました (最初は焼酎の飲めないジュンソンがつぶれていた)

タジョンとデートするボック。キスをしようとしますが・・・
「今度 素敵なキスをしような。今の俺は 汚れてるから・・・」

ボックを呼び出したジュンソンはウンソクを自分のホテルに送らせます 言われた通りにホテルに連れて来たボックだけど、こう言うやり方が嫌いなのか、兄が愛した女だからなのか、復讐の為にジュンソンに手を出されるのは面白くないからか・・・又は ウンソクに惹かれてるからなのか・・・。ボックッはジュンソンの部屋へ行きます。
「チャ・ウンソクさんをください。僕は彼女のボディーガードです。彼女を守る義務があります。今は彼女の意思では無いでしょう?」
怒ったジュンソンに殴られますが引き下がりません。

このろくでなしの愛


「ウンソクさんをください」
そこにジュンソンの兄が来てボックはウンソクを抱きかかえて出て行きます。

このろくでなしの愛


部屋で寝ているウンソクの耳に歌(童謡?)が聞こえてきます その曲はウンソクにとって思い出深い曲。ミングが歌ってくれたのです。その歌を歌っているのは隣の部屋にいるボック。彼もまた、ミングによく歌ってもらってた思い出深い曲なのです
この時よりずっと後にウンソクはボックにこの曲知ってる?と聞きます。ボックは「知らない」と答えました。

このろくでなしの愛


ある日、タジョンがお金を持って逃げたおばさんを捕まえろ!と警察で大騒ぎしてました 迎えに来たのはミスクとボック。
タジョンを連れて帰ったボックはタジョンの首に巻かれてるスカーフを取って「綺麗だ」と言います。「嘘だよ。醜くて汚いよ」そう言うタジョンの火傷の跡にキスをします
「俺が綺麗だと思ってるんだから良いだろう?あのおばさんの事は忘れろ」
そして またキスをします
ジムに行くと言って出て行きました。

ウンソクがボックを訪ねてジムに来ます。あのキスは何だったのか、「私に何か言う事ない?」と聞きますが「ない」と言うボック。

このろくでなしの愛


ボックの後を付いて回るウンソク。ボックはウンソクに聞きます。
「あのキスの事?」
「何であんな事したの?」
「別に・・・。忘れて下さい」
ボックはバスに乗って行ってしまいました。

このろくでなしの愛


ミングの携帯と日記を手にしたボック。携帯にはメッセージがありますが暗証番号が分かりません。その携帯からウンソクに電話をします。ウンソクはミングからの電話に驚きますが、前に写真と引き換えにお金を要求された事があって・・・。
「まだ何か用なの?あのお金だけじゃ足りないの?良いわ。婚約者お金持ちだから借りてあげる」
ミングを目の前にしてウンソクの言葉を聞くボック。憎しみが増していきます
日記にはウンソクとの出会いから別れまで綴られてました。

ウンソクの撮影。高い塀での撮影です。ボックは例によってミスクに電話を持たせてミングとしりとりをしてます。
そこに悲鳴が ボックに気を取られているウンソクが誤って塀から落ちそうになってるのです 間一髪 ボックがウンソクの手を掴みますが今にも滑り落ちそうです 
その時、ボックの耳に聞こえてきたのは・・・
「ボック・・・兄貴が息をしてない・・・」
ミスクの泣き声、治療をする医師の声、そして・・・心停止の音・・・
「兄貴・・・この女・・・連れて行くか?」

このろくでなしの愛


もう少しで落ちそうになったウンソクをもう片方の手で掴み、ウンソクを引き上げて助けます。その後病院に走るボック。
ミングもまた、一命を取り留めてました。

ある日、お金を貯める事に精を出し始めたタジョンの元に母親が亡くなったと連絡が来ます
挨拶だけでもさせて欲しいと言いますが受け入れられません。タジョンの母親はタジョンが幼い時に男と逃げてしまったのです。タジョンを置いて・・・。父親の違う弟はタジョンを姉と認めません。そこにボックが来て・・・。
タジョンは産みの母親との別れが出来たのです。

そんな時、ミングの入院費の問題が 大金が払えないボックはヤクザに手を貸す事に その事を知った先輩(と言うか、兄のように慕ってるジムの人?一緒に暮らしてる人)はボックを止めようと怒鳴ります。そんな事をして入院費を払っても兄貴は喜ばないぞ!って・・・

このろくでなしの愛


その話を偶然聞いてしまったウンソクはボックを止めようと考えます。
ボックに電話をして「変な人たちに襲われてる!助けに来て!」 

このろくでなしの愛


ボックはウンソクの元へ。でももちろんウンソク以外誰もいません。無事を確認してボックはヤクザのところへ行ってしまいます ボックは強い。でも・・・人数の多さに ボコボコに殴られるボック。そこにウンソクが来ます。
「やめて!私が誰だかわかる?チャ・ウンソクよ。後始末する覚悟ある?!」
それでヤクザが引き下がるわけでもなく ウンソクまで巻き添えになりそうになったその時 グッタリしてたボックがウンソクを抱きしめ盾になります ウンソクを守ったのです

≪つづく≫




ボックがカッコ良すぎ 好きにならずにはいられないでしょう!ウンソクもボックの心が読めずに余計にボックに惹かれてる感じです。ボックも上手いよね~。駆け引きって言うの?押して引いて。企みがあってもここまで上手く行くの?ってくらいです。
ウンソクに見せる顔とタジョンに見せる顔が違いますね。
ウンソクに見せるボックは強くてカッコ良くて・・・。冷たいけどここぞと言う時は しっかり守ってくれるし優しい一面をチラッと見せたりする。
タジョンといる時のボックは一番本来のボックの姿かもしれないですね。優しさが前面に出てます。ボックが何故格闘技でチャンピオンに(実力はあるのに)ならないか?それはタジョンの為。タジョンだけのボックでいる為

7話からは・・・ますます目が離せない!
ちなみに・・・このレビュー、途中まで書いてなぜかキレーーーーに消えてしまって書き直しました 本当に大ショックです 落ち込み
スポンサーサイト
21:29  |  このろくでなしの愛  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんにちは
秋に撮影されたようでイチョウ並木や落ち葉などが登場するので
この季節に見ると雰囲気がでますね。
そろそろ放送してくれないと「マイガール」のように盛り上がりに
かけてしまいそうです。
フルハウスの公式ガイドブックも今ごろではねえ。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2611313
SOPHIL | 2007年10月04日(木) 07:36 | URL | コメント編集

SOPHIL さま

本当ですね。最近は韓国で放送されてから結構すぐに日本で放送するドラマもあるというのに・・・。日本の見る目がないのか放送権を買えないのか・・・。『フルハウス』を放送した時点でこのドラマも放送すればRainの知名度も上がったのでは?なんて思います。

確かにガイドブックは今更ですね(;^_^A
放送とあわせないと・・・。
ひめ | 2007年10月04日(木) 20:11 | URL | コメント編集

こんにちは
フジTVの「とくダネ」で佐々木アナが木村拓也にインタビューしていたのが釜山の海岸沿いのホテルでしたが
よく見ると「このろくでなしの愛」で上から4番目のホテルの窓からベランダに出て考え事をしている場所と一緒でした。
そういえばあのホテルは釜山映画祭の会場として使われていると聞いていたので納得です。
遠くに「ある素敵な日」のオープニングに登場したホテルがうっすらと見えてました。(四人が映ったジャケット写真もそこですけど。)
SOPHIL | 2007年10月09日(火) 09:34 | URL | コメント編集

SOPHIL さま

こんばんは。
そうなんですか!あの鼻歌を歌ってるシーンですか?
日本もそうですけど韓国も撮影する場所って偏りがありますね。やっぱり誰が見ても良い場所は良い場所なんでしょう(^-^)
ひめ | 2007年10月09日(火) 23:38 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cuteprincesscute.blog76.fc2.com/tb.php/446-cde45f3b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。