2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007'04.29 (Sun)

『宮』 第19話~第22話

20070415201929.jpg

こじれてしまったシンとチェギョン
あの旅行が夢のよう・・・ ユルもシンに対して敵対心剥き出しです。シンもだけど。
それと、皇族の”悪縁”もこれから分かってきます。シンが先に知ってしまうんだけど・・・。辛いだろうね
とにかくシンとチェギョンはお互い愛し合ってるんだから 何とか頑張って行こうよ

 『宮』 第19話~第22話 ネタバレです 

【More・・・】

『宮』 第19話~第22話 簡単なあらすじ

キャスト 
イ・シン(皇太子)・・・・・・・・・・・・・チュ・ジフン
シン・チェギョン(皇太子妃)・・・・・ユン・ウネ
イ・ユル(義聖君)・・・・・・・・・・・・・キム・ジョンフン
ミン・ヒョリン・・・・・・・・・・・・・・・・・ソン・ジヒョ

ユルの誕生日パーティーでケンカをしてしまったシンとチェギョン。戻ってからシンはチェギョンに謝りますがチェギョンは許す事が出来ません。更にまたヒョリンの事を引き合いに出してしまいます「ヒョリンにならあんな事はしない」って・・・。
結局仲直りは出来ませんでした。

その後、怒ってる訳ではなく混乱してるだけだと言うチェギョン。そんなチェギョンを探すシンは書庫に行きます。そこでシンが見つけたものは・・・。皇帝陛下(シンの父親)が現皇太后(ユルの母親)に宛てた手紙、ラブレターでした。まだユルの父親が生きてる頃のものです 宮廷内の”悪縁”とはこの事。かつて、皇帝陛下は兄の妻を愛してしまってたのです。そして今、ユルは従兄の妻を愛してるのです 悪縁は断ち切らなければ・・・。

チェギョンは友達にシンとの事を話します。その友達はユルのパーティーにも行きましたが、見てる限り、シンはチェギョンを好きなんだと思うよ、と言いますが・・・。
ある日、チェギョンがお忍び?で友達と食事に行きます。学校帰りの食堂に行くんだけど、こう言う時間が大事な事に気がついたと言います。シンがいる事に気が付いた友達は先に帰ります。食べてたものを勧めますが苦手だと言うシン。チェギョンは「私たちは違う。まるで”王子と乞食”みたい」だと言います。それくらい、気にする事は無いとシンは言いますが「そうかな?」とチェギョン。
食堂の外に記者が沢山来てしまったと言う事で2人は店を出ます。ガードマンはいるけど危ないから、と言ってシンとチェギョンは手をつないで出るのです。
「いつまで この手を離さずにいられるかな?」

元気の無いチェギョンにシンは宮廷に内緒でチェギョンを実家に帰します。1晩だけ。喜ぶチェギョン。両親も暖かくチェギョンを迎え入れますが、母親はやっぱり帰った方が良いと言って帰します。
タクシーに乗って帰って来る姿を皇后に見られて怒られてしまうチェギョン。シンが皇后に話しますが反対にシンまで怒られてしまいます

チェギョンはシンに「チェギョン、大丈夫だよ」と、この一言で良いから言って欲しい、本当はシンに慰めて欲しかったけど いつも違う人が慰めてくれる、と言います。それがユルか?とシン。「俺の何処がユルに劣るって言うんだ!」と、またもやケンカに
傷ついたチェギョンは車で出かけていきます。その姿を見たユルは追います。ユルに慰められるチェギョン。
でも その事がまた宮廷を揺るがすスキャンダルになって行くんです チェギョンの車が盗まれ、皇太子妃が若い男といた、と言う事が記事なってしまうのです。シンも庇いきれません。ユルといた事を知って尚更です 
”悪縁”の事もあって誰といたかは話すなと言うシン。とりあえずチェギョンの父親と一緒だったと言いますが・・・。ユルは自分といた事を話すように言いますがチェギョンは言いません。でもウソはすぐにばれてしまいます

そんな時、ヒョリンが留学します。一緒に見送りに行こうと言うシンですがチェギョンは行きませんでした。

ある日、ユルがチェギョンに離婚する最後の方法を言います。それは公務で発表する事。不仲説・チェギョンのスキャンダル等があって払拭しようと皇太子夫婦がテレビの生放送に出る事が決まったのです。そこで発表するのが最後のチャンスだと言います。
その事を知ったシンはチェギョンに「望むなら次期を見て自由にしてやる。今はおとなしくしててくれ」と頼みます。

そして本番。
和やかに番組は進みますが、チェギョンは”最後のチャンス”が頭から離れない様子。そんな時、インタビューで「今で言う、政略結婚だと思いますが、結婚後、お2人の気持ちは変わりましたか?」と質問が。
何か言って・・・でないと・・・ と思ってる時、シンが口を開きました。
「愛してます。心から愛してます」
でもそんなシンの言葉が信じられずチェギョンは”離婚”と言う言葉を口にしてしまいます。シンの機転で事なきを得ますが(平凡な女子高生がたった一人で入宮し、自由が無く、監視される生活の中 涙する事はある。でもそんな彼女を見てる内に愛するようになった。感謝もしてる。等など・・・。会場内は泣く人もいるほど・・・)宮廷内は大騒ぎ シンの言葉が信じられなかったと言うチェギョンに
「あれは本心だ。皇太子としてじゃなく、一人の男としての初めての告白をお前は簡単に踏みにじったんだ。心の殻を破ってお前が入って来た。いつも気になって。会いたくて。俺をこんな風にしておいてお前は離婚を持ち出した。
裏切ったのは俺じゃない。お前の方だ。忘れるな」

泣き崩れるチェギョン
謝っても許してもらえず、理解もしてもらえません。

大激怒の皇帝。宮廷ではまた、あの日、チェギョンといた男は誰なのか?と言う話に ユルだと知ってるのは シン・皇后・皇太后の3人。ユルの名前を出して欲しくないファヨン(皇太后)は皇帝の怒りを抑える為にと、チェギョンに謝罪の方法を教えます。
(ちゃんとした名前があるんだけど・・・つまり、許しが出るまで飲まず、食わずで正座をする、と言う物。たぶん正座だよね)
そんな事は辞めろ、とシンは言いますが、自分でどうにかする、とチェギョンは聞きません。「好きにしろ」と言うシン。

そんなチェギョンを見てられないユルは、あの時一緒にいたのは自分だ、皇太子妃を、チェギョンを愛してる事をみんなの前で告白 皇帝は驚きます。そして、離れれば想いも無くなると言ってユルを宮廷から出す事を考えるのです。それを阻止したいファヨンはユル宮廷から追放するならチェギョンも廃妃に、と持ちかけます

ユルがチェギョンを迎えに行きます。真実を話したので部屋に戻るようにと皇帝の指示です。倒れそうになるチェギョンを支えるユル。そしてシン。でもチェギョンはシンの手を振り払ってしまうのです 1度も会いに来てくれなかったと・・・。

ユルが宮廷を追放される話があると知ってチェギョンはシンを問い詰めます。そんなチェギョンに「1度追い出されて また追い出されるなんて可哀そう」と言います。それに対してシンは「可哀そう?俺はあいつを見てるとイライラする」と言います。チェギョンが追い出されない訳は「お前は一生宮廷にいる事が罰だ」と言うのです
また対立してしまうシンとチェギョン。

また、廃妃の話から皇太后とシンは激しく対立。ユルもまた、チェギョンを苦しめないで欲しい、もう終わりだよ、と母親に諭そうと話しますがファヨンは欲望を止められません。

そんな時、シンの携帯にチェギョンからメールが。
”今すぐユル君の部屋の来て”
何かあったと思って部屋を飛び出してユルの所へ行きますが誰もいません。そして・・・火の手が上がったのです
「チェギョン!」

≪つづく≫


とうとうユルが誰を好きなのか分かってしまいましたね
シンもユルと完全に敵対。それに皇帝と皇太后の昔の恋を知ってしまったから・・・ 誰にも相談できないから辛いのが分かります。侍従長には話してたけど・・・。
この事でファヨンとも敵対。殴られてたね~ 痛そうでした。前にチェギョンに殴られてた時も思ったけど・・・良い音がするんだよね マジだ!って感じです。

残り2話。
シンに放火犯の疑いが?!チェギョンとシンの恋の行方もすっごく気になります






スポンサーサイト
10:04  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★はじめまして!!

訪問、ありがとうございます!!
美容専門学校生のDJ.Hiron♂です!!(*´∇`*)

Rain(ピ)盛りだくさんですね~!!
自分もK-POPとか大好きで、
もち、Rainも大好きですよ~!!
ドラマとかはあまりみないので、いろいろ勉強になります!!

これからもよろしくです!!
音楽の話、それ以外、いろいろお話しましょう~!!
また遊びにきます!!(^^)
DJ.Hiron♂ | 2007年04月29日(日) 22:51 | URL | コメント編集

★こちらこそ(^-^)

DJ.Hiron♂ さま

こんばんは!
RAIN、良いですよね!
今度DJ.Hiron♂さんのお部屋でも取り上げてくださいv-421 SE7ENくんがいたので是非RAINくんも!
私もまた遊びに行かさせて頂きますね♪
こちらこそ よろしくお願いします!
rain&hime | 2007年04月29日(日) 23:17 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cuteprincesscute.blog76.fc2.com/tb.php/337-5966e32b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。