2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007'04.02 (Mon)

『私たちの幸せな時間』

131746080940762404.jpg

久しぶりのカン・ドンウォンくんです。
日本公開は今年の夏のようですね。

観ました。重いな~・・・ 何となくのストーリーは知ってたけど、それでも重い。出て来る人は比較的に少ないかな?名前がいっぱい出てこないのかな?だから「???誰だっけ?」ってのは無かったです。

死刑囚の男性と自殺願望?の女性のラブストーリー。
死刑囚、ユンスを演じたのは カン・ドンウォンくん。
元歌手の女性を演じたのは イ・ナヨンちゃんです。彼女、どうしても柴咲コウと重なって見えてしまいます RAINくんとのCF”NATE”ではそんなに思わないんだけど、この映画と『アイルランド』は重なってしまいました。(他のは観てないんです)似てないですか?

 公式HP(日本)
http://www.shiawasenajikan.jp/

 『私たちの幸せな時間』 ネタバレです



【More・・・】

簡単なあらすじ

 キャスト 

ユンス・・・・・・カン・ドンウォン
ユジョン・・・・・イ・ナヨン


自殺を何度か繰り返すユジョン。
彼女は叔母との約束で刑務所に行く事になります。(叔母はシスターで服役囚の話を聞きに行ってるみたい)
そこでユジョンは死刑囚のユンスと出会います。

ユンスの罪状は殺人。
ユジョンが刑務所に行くきっかけになったのは、ユンスが会いたいと言ったから。でも最初はお互いに全く歩み寄ろうともしません。でも行くうちに自分の事を話すようになっていきます。

実はユンス、他人の罪も被ってると言うのです ユンスが本当に殺してしまったのは1人。一緒にいた先輩が他の2人を・・・ でもその時信じてた恋人やいろいろな人に絶望感を感じてしまったようです。
ユジョンもまた、高校生(中学かな?)の頃に従兄にレイプされた過去があります。その事を母親に話しても、母親はユジョンが誘った、恥さらし!と言われてしまって・・・ その事が原因で母親とは確執があって上手く行ってません。兄弟とも・・・
なぜユンスがユジョンと会いたいと言ったか・・・。
まだ子供だった頃、弟が国家を歌うユジョンを好きだったからです。落ち着く、と言った感じだったかな。でも その弟は幼くして亡くなってしまいます。兄弟に親はなく、また施設も飛び出してしまった為に浮浪児となってしまってたのです

2人がお互いに会うのを楽しみし始めた頃、ユンスの死刑執行が決まります。
ショックを受けたユジョンは母親に会いに行き「許す」と言います。そうすれば神様は情けを掛けてくれるかもしれない、彼を助けてと・・・

でも願いは届かず・・・ ユンスは国家を歌いながら・・・

看守がユンスの荷物を片付けてると、写真がありました。その写真はユジョンが撮った物。その写真の1枚に、ガラス越しにケーキを撮ってるんだけどそのガラスにユジョンの姿が映ってました。
その写真の下に書かれてた言葉は・・・
木曜日 10時~1時 私たちの幸せな時間
ユンスが書いた言葉です。





本当に簡単にあらすじを書きましたが分かるかな
最終的にはお互いに愛し合ってたようです。「愛してる」って言ってました。でもユジョンがこの言葉を言ったのは死刑執行の時だったので(マジックミラー?越しにユジョンは見てたのです)ユンスには聞こえてないんじゃないかな?ユンスの言葉はユジョンに聞こえるんだけど。
お互いに”生”に興味がなくなってたけど、お互いに”生きたい”と思ったみたいです。
この話は本当に重いです。ユンスの過去も、ユジョンの過去も涙が出ました。

スポンサーサイト
21:02  |  映画~韓国  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★ラスト

こんにちは
私も「生」に執着していない似たもの同士の二人が相乗効果で逆に「生」に執着していったのがこの映画のメッセージのように思えました。
ラストは互いの顔が見えませんしたが切ないものでした。
この映画が日本でも公開されると評判になるでしょうね。
SOPHIL | 2007年04月03日(火) 09:49 | URL | コメント編集

★メッセージ

SOPHIL さま

こんにちは。
ラストは切なかったですね。あと弟が亡くなったときは泣きました。感情でひどい事を言ってしまった後だけに後悔が残っただろうな、と思います。
前、特番で中・高生を対象にしたアンケートで(小学生だったかな)”生”に何の興味が無いと答えた割合がものすごく高かった事に驚きました。この映画が何かのメッセージになると良いですね。
rain&hime | 2007年04月03日(火) 14:04 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cuteprincesscute.blog76.fc2.com/tb.php/321-c709c23b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。