2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'09.14 (Wed)

『マイ・プリンセス』 第13話~第14話

マイ・プリンセス

↑このシーン、好きですね~
もちろん、ヘヨンが告白した後のキスシーンやみんなと騒ぐシーンも好き。
ヘヨンがソルの動画を持ってて みんなにからかわれるシーンは 妙にスンホンssiがかわいく見えました。

宮殿と言えば、『宮』の宮殿とは違うね。
当然なんだけど、今回のほうが”お姫様”っぽいね。
落ち着いた感じ。
でも 『宮』の方が広さは感じたかな 

 『マイ・プリンセス』 第13話~第14話はこちら 

【More・・・】

『マイ・プリンセス』 第13話~第14話 あらすじ

 キャスト 

ソル・・・・・・・キム・テヒ
ヘヨン・・・・・・ソン・スンホン
ジョンウ・・・・・リュ・スヨン
ユンジュ・・・・・パク・イェジン


ドア方を驚いた表情で見てるソル。
「どうした?」とヘヨン。
ソルが見たのは幻影?でした。

マイ・プリンセス

ヘヨンの別荘で2人だけの時間を過ごします。

マイ・プリンセス

ソルの携帯が鳴り、出てみるとヘヨンの父親からでした。
会って話そうというヘヨンの父親、パク・テジュンにソルは思い切って聞いてみます。
「父を殺したの?」
テギョンは「殺してない。あれは事故だった。だから君を連れてきたんだ」
と言います。
会おうと言いますがテジュンは韓国に入国禁止で帰っては来られません。
入国禁止を解くよう会長(テジュンにとっては父親)に言ってほしいと言います。
ソルの言うことには耳を傾けるはずだからと。

電話を切ると、ソルの記憶が戻り始めます。
その別荘には来たことがあること。
テジュンとしばらく一緒にすごしたようです。
匂い袋も持ってました。
何回寝ても父親が返ってこない、いつ帰ってくるの?と聞くソルにテジュンは死んだことを話します。

ソルは会長のところに戻るため、ヘヨンに何も言わずに別荘を出ます。
ソルがいないことに気が付いたヘヨンは電話をします。
ソルはヘヨンに「あなたを捨てるの」と言います。

マイ・プリンセス

宮殿に戻ったヘヨンは会長に皇室再建を諦めてください、と言います。
会長のしてることは私の為でもなんでもなく、自分の為だと言って。
会長はソルに「そんなことを言わないでください」と言いますが・・・。
会長は倒れてしまいました。

病院にヘヨンも来ます。

ソルはヘヨンに「あなたを憎むしかない」と言って実家に帰ります。

しばらくして・・・
ソルの実家にヘヨンが来ます。
会おうとしないソルですが、ヘヨンはドア越しに話します。
出てくるまで待つと。

マイ・プリンセス
マイ・プリンセス

マイ・プリンセス

数時間たってもヘヨンはソルを待ってました。
ヘヨンは 父のしたことなどを考えると来るべきではなかった、と言います。
そして・・・
「君をときめかせるP君でいたい」
さらに・・・
「君に会いたい。24時間君に会いたい。
今 君に会いたいんだ。死ぬほど会いたい!
どうすればいい?
・・・ソル…
愛してる。このP君は君を愛してる」


ドアが開いてソルが出てきました。
「私はP君のことを・・・」
先を聞かずにヘヨンはソルにキスをします。

マイ・プリンセス

部屋に入った2人。
ソルはヘヨンを帰そうとしますが出ていきません。
そこへ ソルの友達、コンとシン尚宮、さらにジョンウまで来ます。
大喜びのソル。
みんなで楽しく過ごします。

マイ・プリンセス

翌日、ソルはヘヨンがテソングループのことを公表します。
皇室のためのお金を使ってテソンを造ったこと。
だから還元しようとしたことなど。

マイ・プリンセス

ソルはヘヨンに会いに行きます。

病院であった2人。
会長はヘヨンに「よくやった。自分ではできなかったことをやってくれた」と言います。
そして 会長は亡くなってしまいました。

マイ・プリンセス

数日後、ヘヨンはソルに種をまいた鉢植えを贈ります。
しばらく連絡が取れないだろうけど、待ってほしいと言います。
どれくらいか聞くと その花が散る前まで、と・・・。

マイ・プリンセス

宮殿に戻ったソルはユンジュに会いに行きます。

マイ・プリンセス

ユンジュは会長が倒れた後、皇室の業務(なんだったか・・名前が出てこない )理事長職を解雇されました。ソルにもヘヨンがすべてを話し時にソルを責めます。

博物館にいたユンジュにソルは 博物館は宮殿に属することになった、だからオ館長は解任します。と解任を宣告。
ユンジュはそんなことをする権利なはい!といいますが、ソルに権利はあることを主張。
解任されてしまいます。

マイ・プリンセス

ソルは皇女としての業務・勉強に励みます。
ヘヨンが国外に行ったことを知ったソルは 知らなかったことにショックを受けます。

メール?を贈り続けるソル。
なんの反応もないヘヨンに 
「姿を隠してるのが別れの印なら受け入れるけど・・・
ピリオドを打つから返信メールを。生きてるって証拠に。
ピリオドを打って!

噴水のところにいると ソルにいろいろなメールは届きますが・・・

そんな時 「.」 とだけのメールが届きます。
ピリオドです!ソルは大喜びではしゃぎます。
はしゃぎすぎて 噴水から落ちそうになった時!
ソルを 支える人が!

マイ・プリンセス

マイ・プリンセス

≪つづく≫


















お父さん、出てくると思ったけどまだだったね・・・。

あ、お姉さんのダンは本当の両親に連絡を取ってたみたい。
それをお母さんは知ってたんだね。
「私が皇女かもしれない」ってダンが言ったときに「知ってるのよ」って言ってました。
でうしてこんなことをしたかって聞かれて、ダンはお母さんがソルと自分を同じように愛したからだと言ってました。ソル以上に愛されようと頑張ったって。
やっぱり 嫉妬みたいなもんかな。

ユンジュは皇室の仕事も解雇、博物館も解雇されたんだけど、テソングループの一つにチーム長として入ります。とっても不満そうだけど・・・。
ソルが宮殿を出る前に、ユンジュに戻ったら容赦しないって言ってました。
ソルは館長を解雇したときに「言ったでしょ?」って。
でもきっと何か考えてるんじゃない?
新しい館長は私は決めるってソル言ってたし。
もしかしたら・・・?

今回ね、別荘で2人になってるシーンが結構好きだわ~
やっぱ いちゃいちゃしてるのはいいね。
それにも限度があったりもするんだけど、(笑)
今回は良いです。

あと2話だ~!

スポンサーサイト
22:56  |  マイ・プリンセス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cuteprincesscute.blog76.fc2.com/tb.php/1463-2fa190c6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。