2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'08.31 (Wed)

『マイ・プリンセス』 第1話~第2話

マイ・プリンセス

今日からフジで放送開始です。
DVDで先に観始めたものの、きっと時間が取れなくてテレビの方が進むんだろうな・・・。
それでも どうしてもDVDで観たかったんです!
だって・・・やっぱカットは免れないでしょう?
こればっかりは仕方ありません。

それにしても キム・テヒssi は本当にキレイですね。
ソン・スンホンssi も素敵ですよ 

これから先が楽しみです。

 『マイ・プリンセス』 第1話~第2話 はこちら 

【More・・・】

『マイ・プリンセス』 第1話~第2話 あらすじ

 キャスト 

ソル・・・・・・・キム・テヒ
ヘヨン・・・・・・ソン・スンホン
ジョンウ・・・・・リュ・スヨン
ユンジュ・・・・・パク・イェジン


「韓国に皇室を」

そんなある日、”皇女”のバイトをしていたソルは外交官しているヘヨンに”バイト”を頼まれます。
それがきっかけで出会った2人。
その後も 偶然会ったりします。

ソルが片思いしてるのは助教授のジョンウ。
でもジョンウはユンジュという 初恋?の女性が好き。
それを知ったソルは ユンジュが館長を務める博物館に行きます。
そこでヘヨンと再会。
ヘヨンがユンジュに片思いをしてると思って 女は嫉妬させるのが効果的!と言ってヘヨンの彼女の振りをします。
でも 本当はユンジュもヘヨンを好きでした。

そうとは知らないソルは 自分に恋の為にもヘヨンとユンジュをくっつけようとします。

マイ・プリンセス

博物館では皇室のものが展示されてます。
さらに 誰もが探していた”親書”をユンジュが手に入れ公開します。
大統領の前で。

ジョンウは親書をプレゼントしたかったようです。
持ち主をどう説得するか?と思ってると ユンジュに言います。
でもその次の日・・・
ユンジュはその親書を手にしていたのです。
ジョンウは その場を去ってしまいました。

一方、その親書を見たソルは「家で見た気がする」とヘヨンに話すのです。

そんなある日、ヘヨンは倒れてしまった祖父から「イ・ソルを連れてきてほしい」と頼まれます。
ヘヨンは祖父の隠し子と思って面白くありません。
その住所に行ってみると そこにいたのは・・・!

まさか あの”皇女”がソルだったとは。

すぐにペンションに来た理由を話さずに 少し様子を見ることにします。
何かと 料金を取ろうとするソル。
でも 悪い子ではないと思います。
更に ソルが養子だと聞きます。

マイ・プリンセス

そこへ 発掘?に来たジョンウがペンションに来ます。
大喜びのソル。
ヘヨンはそんなソルを見て”お返し”をします。
頼んでもいないのに”彼氏”の振りをして嫉妬させようとするのです。

マイ・プリンセス

でも・・・ジョンウに効き目は無いみたい 

ジョンウが探しに来た物は「皇室の匂い袋」
それも ソルは家で見た気がすると話すのです。
でも「まさか~~」と言って流してしまいます。

ソルとジョンウの会話から ジョンウがユンジュを好きと言う事が分かったヘヨンはソルを問い詰めます。
知ってたのか?と・・・。
そしてソルを祖父の所に連れて行くことを決めます。

「君は僕の叔母らしい」

ヘヨンがテハングループ会長の孫と知ったソルは驚きます。
と言う事は・・・!

ソルに会うなり ヘヨンの祖父、トンジェは「皇女様・・・」とひざまづきます。
ヘヨンも 当人のソルも驚きます。

マイ・プリンセス

トンジェはソルに全てを話します。

ソルの曾祖父に当たる人、皇帝の嫡子てある息子を隠した事。
その子を探すように言われたのがトンジェの父親。

そして、父親は迎えに来てくれる、と今でも信じてるソルにもう亡くなってる事を話します。
ショックを受けて出て行ってしまうソル。
その後をヘヨンが追い、泣くソルをそっと抱き寄せて慰めます。

マイ・プリンセス

行く場所がないソルを自分の部屋に連れてきたヘヨン。
肉にかぶりつくソルを見てヘヨンは安心します。

そこへ ユンジュが訪ねてきます。
驚いたヘヨンはソルを隠れさせます。
でも・・・

お腹が痛くてたまらなくなったソルはヘヨンの携帯に電話、メールなどをして早くユンジュを返して!と言います。
全く聞こうとしないヘヨンですが ヘヨンの様子がおかしいと思ったユンジュは疲れてるみたいね、と言って帰ろうとします。
でも 玄関にある女性用の靴を見て・・・。
一度明けたドアが閉まった時・・・
ソルが飛び出してきました。

「お腹痛い!」

マイ・プリンセス

≪つづく≫










なかなか面白い展開になってますね。
ユンジュは本当にヘヨンが好きなわけではなさそうな感じだよ?
好きかも知れないけど、それだけではない感じ。
これは・・・性格に問題アリの腹立つ女?

まだまだソルとヘヨンはお互いに何と思ってないみたいだけど、きっとこれからだよね。
それが楽しみです。
韓ドラの好きな所は恋愛関係になるとなぜかこっちまでドキドキしちゃうところなので・・・。

スポンサーサイト
14:43  |  マイ・プリンセス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cuteprincesscute.blog76.fc2.com/tb.php/1455-e9409e68

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。