2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'07.02 (Fri)

『がんばれ!クムスン』 第141話~第164話(最終話)

がんばれ!クムスン

いよいよ 最終話まで観ました!
長いよね。全164話って何さ!と思うでしょう(笑)
手を出すのに躊躇しちゃうね。

でも見だしたら面白いドラマで 観て良かった、って思えるドラマだよ。

出演者も みんな観た事あるし(笑)

最近、ちょっとカン・ジファンssiにハマり気味だったからこのジファンssiにもドキドキしたよ 
でも イ・ミンギssiにもドキドキした 
ホント、良いお兄ちゃんだったよ。
クムスンの良き理解者みたいな感じだったね。

 『がんばれ!クムスン』 第141話~第164話(最終話)はこちら 
   画像もありま~す 

【More・・・】

『がんばれ!クムスン』 第141話~第164話(最終話)

 キャスト 

クムスン・・・・・・・ハン・ヘジン
ジェヒ・・・・・・・・・カン・ジファン
シワン・・・・・・・・・キム・ユサク
テワン・・・・・・・・・イ・ミンギ


テワン・義父と会ってしまったクムスンとジェヒ。
「誰だ?」と聞く義父への返答に困ってるとテワンが自分の先輩だと話します。
なんとかその場を切り抜けるのでした。

シワン夫婦の事が落ち着いたら話す、とテワンに話すクムスン。
テワンは複雑な心境でした。

シワンとソンランはお互いに話し、ウジュ(ソンランの息子)を可愛がるよと言うシワンの言葉がソンランは嬉しくてたまりません。2人は仲直りをします。そして、義両親もソンランの過去を落ち着いて見れるようになりました。
2人は家を出ることになります。

クムスンがシワン達の事が落ち着いたので今夜話すとジェヒに言います。
心配するジェヒですが、大好きな家族だから私から言わないと、良いいます。
家に帰ると・・・義両親は怒ってる様子 

がんばれ!クムスン

なぜなら
その日の昼間、ジェヒの母親がクムスンの家を訪ねて来て「お宅のお嫁さんがうちの息子と付き合ってる」と話してしまうのです  これには義両親も驚きます。「まさか・・・?」
でも・・・帰って来たクムスンを問い詰めるとクムスンはジェヒと付き合ってる事を認めます。でも、今日ちゃんと話そうと思ってたとも言いますが、今はそんなのはどうでも良いこと・・・。裏切られた気分でいっぱいの義両親は部屋に入ってしまいました。

2人の態度が変わってしまったクムスン。
覚悟はしてたけど・・・。自分から連絡するまでは、と言ってるのでジェヒも連絡できません。気になってしかないけど何もできないのが悔しいジェヒ。

ジェヒはフィソンに会いに保育所へ行きます。
遊んでるところへ義母が来て…。フィソンの手を引いて帰ってしまいました。

がんばれ!クムスン

家に帰るなりクムスンを呼びつける義母。
「出て行きなさい!」と怒鳴ります。驚くクムスン。義父も何事か聞くと フィソンにジェヒが会ってたと言うのです。義母の怒りは収まりませんでした。

保育所での事が気になるジェヒ。クムスンから連絡もないし、自分が連絡する事も出来ないジェヒは家の前に来ていました。そこへテワンが出てきます。ジェヒはテワンに声をかけ、クムスンはどうしてるか聞きます。
でも テワンに「帰れ」と言われてしまうのです。
「クムスンもフィソンも大切にする」と言うジェヒでしたがテワンは「自分の母親も説得できないで何を言ってる?」と・・・。その時初めて自分の母親がした事を知るのでした 

がんばれ!クムスン

テワンはクムスンに好きな人が出来たのは仕方ない、喜んで送り出してやろうと両親に話します。納得できない両親ですが、旦那もいない家で23歳の若い娘を一生しばりつけるのか、とテワンに言われます。
ソンランもクムスンの事には理解を示し、シワンは寂しいと言いながらもクムスンを応援するのです。

頭では分かっていても心が付いていかない。そんな義両親ですが、可愛いクムスンの為、理解を示し、クムスンにジェヒを連れてくるように言います。許されたのです 
嬉しくてたまらないクムスン。ジェヒにすぐに連絡します。もちろんジェヒも大喜び 

がんばれ!クムスン
挨拶にジェヒが家に来ます。複雑な心境の義両親ですが歓迎します。
そしてジェヒにこう言ったのです。
「クムスンを好いてくれてありがとう。
フィソンは私たちが立派に育てるから 幸せになりなさい
クムスンもジェヒも一瞬にして言葉を失います 
クムスンはどういう事か聞きます。フィソンは連れて行きたいとも言いますが義両親は譲りません。
ノ家のフィソンは私たちが育てると・・・。

喜んだのも束の間の事でした。

ジェヒは必ず自分の子として分け隔てなく育てるから認めてほしいと言いますが義父は首を横に振るばかり。
父親と名字の違うと言う事を何と言うのか?と。
ジェヒは今は法が改正され名字を変えられると言います。
でもそのジェヒの言葉に義父は激怒するのです 
「チョンワンの忘れ形見であるノ・フィソンを ク・フィソンにするだと?!」
義父の怒りは収まりませんでした。

怒ってるだけですよね?と言うクムスンですが、フィソンを手放す気がないと分かってクムスンも調べだします。子供の親権は両親にあると。フィソンは父親が死んでしまったけど母親であるクムスンが生きてる以上 祖父母に親権はないのです。
その事を義両親に言うクムスン。
義両親は親権の事はシワンに言われて数日前に知ってましたが、クムスンがそんな事を言い出すとは思ってもいませんでした。クムスンがフィソンを連れて家を出てしまえば義両親には何もできないのです。

そんな時、クムスンは店長に呼び出され、ジェヒとの事を認めると言われます。
喜ぶクムスンですが・・・店長からは条件を出されます。
「子供はおいて来て。それだけは譲れないわ」
クムスンの心はボロボロです・・・

がんばれ!クムスン

その事を聞いたジェヒは母親に怒りをあらわにします。
ジェヒもクムスンを思うと辛くてたまらないのです。

母親のいない辛さを知ってるクムスンと父親のいない辛さを知ってるジェヒ。
お互いにフィソンを諦めませんでした。

クムスンが悩んで悩んで心が折れそうなほど傷ついてるのを知った祖母はジェヒを呼び出し、別れてくれと頼みます  お互いの気持ちは痛いほどわかる、でも クムスンはフィソンを置いてくる事も出来ないし 「フィソンを連れて行かないで」と涙を流しながらお願いする義両親を無視する事も出来ない。だから・・・ジェヒの方から別れを切り出してほしいと頼むのでした。

がんばれ!クムスン

ジェヒが出した結論は・・・
クムスンと会ったジェヒはデートをします。食事をし、利き手を怪我してるジェヒはクムスンに食べさせてもらいます。マッサージもしてもらいます。どこか・・・寂しいデート 
そして、ジェヒはクムスンに切り出しました。
「別れよう」
愛してるから別れようと。
首を振るクムスンですがジェヒの優しさが伝わってきます。
クムスンを抱きしめたジェヒはそっと放し、歩きだします。
そんなジェヒを走って後ろから抱き締めるクムスン。
「次に生れてくる時は良い所の娘に産まれてくるから。子供もいないから。だから・・・」

がんばれ!クムスン

がんばれ!クムスン

別れてしまったクムスンとジェヒ。
クムスンは家に帰って義母に「別れました。ず~っとここから出て行かないから責任とってくださいね」

誰もが驚きます。
テワンは部屋に戻ったクムスンに「正気か?」と。
「親父もおふくろも気にしないでフィソンを連れて家を出ろって言っただろ?!」
今は何も言わないでとクムスンは頼みます。

クムスンとジェヒの別れを知った義両親は心を痛めるのでした。

2人の前では笑ってるクムスンですが・・・。
夜、部屋で涙を流しながら呆けてるクムスンを見た義父。さらに ジェヒの姿も家の前で見ます。
義父は・・・とうとう決意します。

義父に呼び出されたジェヒ。
「父親のいない君にフィソンを愛せるのか?」と聞かれます。
ジェヒは正直に話します。
クムスンと会う前までは結婚も想像できなかったし子供ももちろん考えた事はない。でもクムスンに会って変わった。子供がいるのには驚いたけど 実際にフィソンに会って不安も吹き飛んだ。とても可愛かった。愛おしかったと・・・
ジェヒの気持ちを知った義父は
「2人を頼む」と・・・

店長もジェヒに「フィソンを連れてきなさい」と言います。
とうとう許してもらった2人。
これからも義両親の元へフィソンを連れてきたいと言うクムスンとジェヒですが、義両親は「1年は来るな」と言います。それがフィソンの為だと言うのです。

がんばれ!クムスン

結婚して1年後、クムスンはジェヒの実家で暮らしてます。
美容師にもテストに合格し、“先生”と呼ばれるように。

シワンとソンランはウジュとも打ち解け、今ではシワンの実家で暮らしてます。さらに、ソンランのお腹にはシワンの子が・・・

テワンとクマも順調?
テワンは何本かCMとドラマにも出るように。
スターまでもう少し 

クマの母親も(クムスンの叔母)も子供を生み、元気にたくましく祖母と暮らしてます。

がんばれ!クムスン

いよいよ クムスンとジェヒ、フィソンがノ家に 
明るく 家族みんなが揃って 笑い声が聞こえてきます 

がんばれ!クムスン


≪おわり≫










長かった~
でも 結構あっという間に観てた気がします。
164話あるんだよね!まぁ 1話が30分だからね~。

面白かったです。
イライラするところも そりゃあったけど(笑)
でもやっぱり 話題作だけはあるね。良いドラマでした。

クムスンの祖母と叔母は口が達者だよね~(笑)
これが このドラマの1つの魅力でしょう 
泣けるところもあったよ。
クムスンの母親の事のシーンとか、今回のレビューでは何と言っても別れるところかな。
切なかった~

それにしても・・・
ジェヒこと、カン・ジファンssiは良いですね。
良い体してます。Tシャツが良く似合う!
クムスンの事を認めてもらって ジェヒがニヤニヤするのは最高!

そうそう。
↑では書かなかったけど ジェヒは父親と会います。
で、「お父さん」って呼べます。ちょうどその時はクムスンと別れた時だったんだよね。きっとクムスンに相談って言うか話したかっただろうにね。

面白いドラマだったよ。
おススメしま~す 

スポンサーサイト
23:42  |  がんばれ!クムスン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cuteprincesscute.blog76.fc2.com/tb.php/1320-1196ba67

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。