2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'06.15 (Tue)

『がんばれ!クムスン』 第101話~第120話

がんばれ!クムスン

とうとう???

やっと???

クムスンをジェヒの距離が縮まったね~
でも まだまだだけど。
まだ クムスンがジェヒを受け入れるのには いろいろ乗り越えないといけない事があるよね。

それにしても・・・
長い話をよく観てるよね~(笑)
1話が30分って言うのは観やすいかもね~
残り40話くらいだよ?!
”残り40話”があと少しってのもなかなかだね 

そうそう、今回は思わず笑ったシーンがありました。
詳しくは↓に書いてますので見てね~。

 『がんばれ!クムスン』 第101話~第120話はこちら 
   画像もありますよ 

【More・・・】

『がんばれ!クムスン』 第101話~第120話

 キャスト 

クムスン・・・・・・・ハン・ヘジン
ジェヒ・・・・・・・・・カン・ジファン
シワン・・・・・・・・・キム・ユサク
テワン・・・・・・・・・イ・ミンギ


手術の日が決まったと聞いて不安を隠せないクムスン。
一方、ジェヒは病院で先生の奥さんの移植手術が決まったと聞き 驚きます 
センターからの、と聞きますがクムスンが移植するのだとすぐに分かり、美容院へ行きクムスンを呼び出します。

がんばれ!クムスン

怒ってるジェヒに車に乗せられるクムスン。
途中で降ろされ、「移植するって?」とジェヒ。
「そんなこと 許さないぞ!やめろ!」
と怒鳴りますが・・・。
そんな事を言う権利はない!と撥ね退けるクムスンですがジェヒは
「俺には権利がある。
お前がわすれられない」

泣いてるクムスンを抱きしめたいジェヒですがグッとこらえます。
そしてクムスンは ジェヒが自分を心配してくれてるのが分かるのです。

がんばれ!クムスン

移植の話は周りに知られていき、クムスンの周りは大騒ぎとなります。

祖母は義母から移植の話がある、絶対にさせないように、と言われますが祖母はクムスンの実母の病気の事は聞いてないのです。さらに、夫の示談金のお礼に来た叔母は義母にクムスンが移植を決めたと聞きびっくり!家族で大反対します 

がんばれ!クムスン

叔母やクムスンから話を聞いた祖母は翌朝、病院へクムスンの実母、祖母から見れば嫁に会いに行きます。

がんばれ!クムスン

突然の祖母の訪問に驚く実母 
そして・・・自分の移植がクムスンの腎臓だと知り愕然とするのです。それを自分の夫が仕組んだ事だと聞いて・・・

祖母は 移植するな、どこかにいなくなれ、そこで生きるなり死ぬなり勝手にしろ!と怒鳴ります。

祖母は最愛の息子を嫁が殺したと思ってるのです。
それは、クムスンとチョンワンによく似てます。

誰もから好かれる息子が連れてきた嫁。将来が期待されてた(してた)だけに 嫁と子供を養うために大学を辞め(確か辞めたと・・・)遅くまで働く息子に母はガッカリ。それもこれも その嫁が悪いと思ってたのです。その矢先、事故で息子が死に、残されたのは身重の嫁。息子を殺したのは嫁だと思い、可愛がる事は無かったようです。
嫁は 耐えられなくなって出て行ってしまいます。
母は 息子を亡くした悲しさから 八つ当たりをしたら嫁が出て行ってしまった、いつか帰ってくる、と鍵を開けて待ってたと言います。
孫から母親を奪ってはいけないと、嫁の実家も毎日訪ねましたが・・・。
結局 嫁は帰ってこなく、アメリカに行ったと噂を聞き、更に数年後、再婚したといううわさを聞いてたのです。

祖母の中で嫁は ”息子を早死にさせ、孫を捨てた嫁” となって、心から憎むように・・・

全てを知った実母は夫に嫌悪感を抱き、罵倒を浴びせます。移植も拒否 
飛び出した実母ですが倒れてしまい・・・

がんばれ!クムスン

意識の戻った実母はクムスンに美容院へ会いに行きます。でもクムスンは避けてしまいます。
その後、実母が戻ってないと知ったクムスンはジェヒに様子を聞きます。翌日は透析があるから必ず戻る、とジェヒに言われます。

その頃 実母はフィソン、つまり孫を見に家に来ます。遠目から見てるとフィソンが道路へ飛び出してしまいます。そのフィソンを救ったのは実母でした。お礼を言う父。怪我をして倒れそうな感じだったけど そのまま行ってしまった女性の話を義母(自分の奥さんね)に話すと、きっとそれはクムスンの母親だ、と言います。全てを知ったのだからきっとフィソンに会いたいはずだ、と。

病院に戻った実母は透析を受けます。
でも・・・透析中に発作を起こして意識不明に・・・

その事を知ったクムスンは病院へ行きます。
そこでジェヒと会い、母に会わせてほしいと頼みます。集中治療室は面会謝絶だから・・・。
「断る。会ってもお前が悲しいだけだ。
どんなふうに思われてもいい、お前に好かれなくてもいい、俺は守るべきものを守るだけだ」

でも一歩も引かないクムスンにジェヒは負けてしまい(先生に話すと言われたから)会わせます。

ベッドにいる 意識不明の母を見つめるクムスン。
そっと手を伸ばした時、実母は目を覚まします。驚いてその場からクムスンは去ってしまいました。実母もまた、驚きながらも声を出す力もないようで・・・。

集中治療室から出てきたクムスンを見失ってしまったジェヒは探しに病院の外へ行きます。

意識の戻った実母の病室へ来たクムスンは実母と初めて、親子として会います。
涙を流す実母。そんな実母にクムスンは移植を受けて下さいと話すのです。クビを振り、移植は受けられないと話す実母にクムスンは
「私は相談をしに来たわけではありません。
あなたは私を捨てる時、私に相談しましたか?してないでしょう?
だから私もしません。移植を受けて下さい。
あなたに拒否権はありません」


そう言って病室を出ようとするクムスンに実母は手を伸ばし、「せめて手を握って」とお願いしますが・・・。クムスンは振り返らずに病室を出ます。泣きながら・・・

がんばれ!クムスン

病院に戻ったジェヒは椅子に座ってるクムスンを見つけます。
そして、実母に会った事を察知し、気持ちが分かると話すのです。
自分も 昔 父親に会った事があると。
その父親は自分の存在すら知らない、母が話さなかったらしい、と言うのです。釜山で開業医をしてる父に会った時、何か変な感じだったとクムスンに話すのです。
そんなジェヒにクムスンは 「おんぶ してあげましょうか?私うまいんですよ。・・・もう少し小さかったら出来たのに」 
帰りましょう、と言うクムスン。
靴(サンダル)を脱いでいたクムスンにジェヒは「履かせてやる」と言ってクムスンに靴を履かせます。優しく・・・

移植を反対されているクムスンは祖母に「移植を許可してください」とお願いしに行きます。
でも当然大反対。そんな祖母にクムスンは「どうしても助けたい」、と話します。「でも移植を拒否してるからおばあちゃんから移植するように話して下さい」
そんなクムスンを信じられない、という感じで見つめる祖母。それでもクムスンはやめません。
「じゃあ おばあちゃんは私のそばにずっといてくれる?今だって歳をとって疲れてるじゃない。フィソンが大きくなって結婚するまで私とずっといてくれるの?
死んだと思ってたママが生きてたの。私にもママが出来たの。どうしても助けたいの」

がんばれ!クムスン

涙を目にいっぱいためて、祖母に訴えるクムスン。
思ってない事も言ってしまい祖母を傷つけてしまいます 

そんなクムスンの思いを受け入れた祖母は実母に会いに行き、移植するよう言います。
そして、「生きて苦しみな」 と言うのです。

がんばれ!クムスン

実母は翌日1番の東京行きの飛行機を手配しました・・・。

一方、クマにその気がなかったテワンもすっかりクマに”やられて”しまいました(笑)

そして、兄夫婦のシワンとソンラン。
仕事をしてるところを義母が見た事でソンランに理解を示し始めます 
そんなソンランに妊娠説が・・・。
でもそれは間違いだとわかります。シワンはちょっとガッカリ。
更に、義父母もどうして作らないのか?と聞きます。今は新婚生活を味わいたい、と言う2人ですが、義父は気持ちは分かるが高齢になっての初産は大変だと話します。
シワンの嘘がソンランにばれてしまった瞬間でした。
父親には話した、と聞いてたのに・・・

がんばれ!クムスン

ソンランは怒って家を出て行きました。

外泊したソンラン。
シワンは嘘をついた事は悪いと認めますが・・・2人はケンカしてしまいます 

家族は2人の様子がおかしいという事でシワンを問い詰めます。
テワンは「兄貴が浮気したんだろう?!」と言うテワンにシワンはうなずきます。ソンランの為?
その事で義両親は大騒ぎ  
そこへ・・・ソンランが帰ってきました。
決してシワンを許したわけではありませんが・・・。

何とか仲直りした2人ですが、更にトラブルが起きてしまいます 

ソンランの前夫の舅がソンラン達の前に(偶然)現れたのです。
ソンランが離婚歴や子供の事を隠してる事を知った前舅はソンランにお金を要求してきます。
息子(ソンランの前夫)の事業がうまくいってないという理由でした。
戸惑いながらも自分の息子の為、と思いお金を渡します。

義父と前舅が会ってるのを知ったソンランはシワンに相談しようとします。でもその矢先、再び前舅が現れ、またお金を用立てるように言ってきたのです 
キッパリ断るソンランに前舅は「お前の舅に離婚してる事や子供がいる事をばらすぞ!」と脅されます。そこへシワンが現れてソンランを連れて行きます。

がんばれ!クムスン

なんですぐに話さなかった?とソンランに怒ります。でもソンランは元はと言えばちゃんと話さなかったあなたが悪い、騙したのが悪いと言います 

病院を出ようとしてるところを見つかった実母はクムスンに見つかり責められます。また逃げるのか、と・・・。

がんばれ!クムスン

クムスンの気持ちを理解し、移植を承諾した家族。
クムスンはジェヒに理解を得ようと病院へ行きます。1度はクムスンの実母の事情を知って再度クムスンへの気持ちをまっすぐに見つめなおしたジェヒですが、以前 クムスンがジェヒを”美容院の知り合い”と話してたのを聞いて、ジェヒは報われない事に怒りすら感じてしまったのです 
その事があってクムスンを避け始めたジェヒ。でも移植の事でクムスンがジェヒに会いに来て、忙しいと言ったものの会うと クムスンに「何で 俺に理解して(了承)してもらいたいんだ?!」と聞きます。
何も答えないクムスンですが・・・。
ジェヒはクムスンに近づき、そっとキスをします・・・

がんばれ!クムスン

移植を決意した実母。
クムスンはヘルニアの手術と言って美容院を休みます。
手術はうまく行き、順調にクムスンも回復して仕事も復帰 
ジェヒにも動けるようになってから 会うように・・・。

がんばれ!クムスン

でも・・・クムスンはある日気が付いてしまうのです。
自分がチョンワン(夫)の事を忘れてしまってる事に・・・。忘れてることにも気がつかないほど・・・。

がんばれ!クムスン

クムスンの態度に違和感を感じるジェヒ。
テワンに会いそうになった時、露骨に見つからないようにと身を隠したのです 
「あの家を出ろ」 とジェヒは言います。

そして、実母の家でもある事が起きてました。

クムスンの事を話した方がいいと話してるところを ウンジュが聞いてしまうのです 
ウンジュにクムスンが母(ウンジュにとっては継母)の子供だと言う事、母に腎臓を移植してくれたのはクムスンだと言う事が分かってしまいました。

大好きなジェヒが好きな人がクムスンだって言うだけでも 納得のいかないウンジュ。
母の実子と知って 尚且つそんな大事な事を黙ってた事に怒りを覚えます 
「2人の中を壊す」

ジェヒは母親に「好きな人がいる。今度会わせるよ」と言います。
その事を店長(ジェヒの母)から聞いたウンジュは相手がクムスンだと話してしまいます。
驚いた店長はクムスンを呼び出し 本当か聞きます。
ハッキリとは答えないものの、そこへジェヒからクムスンへ「迎えに行く」と電話が来て・・・
店長はクムスンを殴ってしまいます。
クムスンの事を可愛がってはいたけど 息子の相手となると話は別です。

がんばれ!クムスン

そんな事があった事を知らないジェヒはクムスンを(レストラン)呼び出し、あるものを渡します。(見せたというか・・・)それは・・・指輪です  そして・・・
「結婚しよう」

がんばれ!クムスン


≪つづく≫









だんだんレビューが長くなってるな~
2人のラブ度が増すと尚更長くなる気がする 

レビューって難しいね。

↑ではあまり、と言うか全く触れなかった事なんだけど、テワンとクマが面白かったよ(笑)
いや、2人が面白いって言うのもちょっと間違いかな?
クマが酔っ払っちゃって 寝たいからってホテルに入るんだけど、本当にクマは寝ちゃって2人には何にも起きなかったんだよね。でも、ホテルに入っていく所をテレビで映されちゃって (笑)
それを見てたテワンやクマの家族は大騒ぎだったよ!
見てて思わず吹きだしちゃったよ(笑)
モザイクなしに映ってるのもありえないけど、それをみんなが見てるのもありえないよね(笑)
でも そこが韓ドラらしくてでした 

これから クムスンとジェヒの事がクローズアップされてくるね。
楽しみだ 
ドキドキしたいな 

スポンサーサイト
17:58  |  がんばれ!クムスン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cuteprincesscute.blog76.fc2.com/tb.php/1315-b0a66e68

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。